ホーム » 作業療法とは

作業療法とは

「身体または精神に障害のある者、またはそれが予測される者に対して、その主体的な活動の獲得をはかるため、諸機能の回復・維持及び開発を促す作業活動を用いて行う治療・指導・支援を行うこと」をいいます。

日常活動の諸動作、仕事・遊びなど人間の生活全般に関わる諸活動を作業療法の「作業活動」と呼び、治療や援助もしくは指導の手段としています。作業療法では子供からお年寄りまで、生活に障害を持つすべての人に関わります。医療をはじめ、保健、福祉、教育・職業領域と幅広い分野で展開されています。

生きがいを取り戻すためのリハビリ編 元気を生み出すお手伝い 心のリハビリ編

自宅から出たくない、出られないBさん編

注意の散りやすいお子さん編(ADHD、自閉症など)

福祉分野で働く編 保健分野で働く編

 

詳細は日本作業療法協会のホームページをご覧ください。

作業療法士になるためには

作業療法士になるためには

養成課程

養成校は専門学校・短大・大学などがあり、就業期限は3年または4年です。養成校では、作業療法士として必要な医学的知識や専門知識・技術を講義や実習で学びます。臨床実習では臨床実習指導者のもと、病気や施設で実際に対象者を治療する経験をします。

取得資格

成校を卒業すると国家試験の受験資格が得られ、国家試験に合格すると厚生労働省より作業療法士の免許が与えられます。

詳細は日本作業療法協会のホームページをご覧ください。

 


Copyright(c) 2011 一般社団法人 山口県作業療法士会 All Rights Reserved.