ホーム » 作業療法とは

作業療法とは

作業療法は、人々の健康と幸福を促進するために、医療、保健、福祉、教育、職業などの領域で行われる、作業に焦点を当てた治療、指導、援助のことをいいます。作業とは、対象となる人々にとって目的や価値を持つ生活行為を指します。 

(註釈)
・作業療法は「人は作業を通して健康や幸福になる」という基本理念と学術的根拠に基づいて行われます。
・作業療法の対象となる人々とは、身体、精神、発達、高齢期の障害や、環境への不適応により、日々の作業に困難が生じている、またはそれが予測される人や集団を指します。
・作業には、日常生活活動、家事、仕事、趣味、遊び、対人交流、休養など、人が営む生活行為と、それを行うのに必要な心身の活動が含まれます。
・作業には、人々ができるようになりたいこと、できる必要があること、できることが期待されていることなど、個別的な目的や価値が含まれます。
・作業に焦点を当てた実践には、心身機能の回復、維持、あるいは低下を予防する手段としての作業の利用と、その作業自体を練習し、できるようにしていくという目的としての作業の利用、およびこれらを達成するための環境への働きかけが含まれます。

生きがいを取り戻すためのリハビリ編 元気を生み出すお手伝い 心のリハビリ編

自宅から出たくない、出られないBさん編

注意の散りやすいお子さん編(ADHD、自閉症など)

福祉分野で働く編 保健分野で働く編

 

詳細は日本作業療法協会のホームページをご覧ください。

作業療法士になるためには

作業療法士になるためには

養成課程

養成校は専門学校・短大・大学などがあり、就業期限は3年または4年です。養成校では、作業療法士として必要な医学的知識や専門知識・技術を講義や実習で学びます。臨床実習では臨床実習指導者のもと、病気や施設で実際に対象者を治療する経験をします。

取得資格

成校を卒業すると国家試験の受験資格が得られ、国家試験に合格すると厚生労働省より作業療法士の免許が与えられます。

詳細は日本作業療法協会のホームページをご覧ください。

 

作業療法とは
作業療法士会について
お知らせ&トピックス
各部局・委員会
勉強会・研修会
各種手続き
リンク

勉強会・研修会

お知らせ&トピックス


Copyright(c) 2011 一般社団法人 山口県作業療法士会 All Rights Reserved.